心のままに〜生きづらさの克服

毒親育ちのアダルトチルドレンが自分を救ってきた日々

○○だったら幸せになれるのに?

 

 

 

「○○だったら幸せになれるのに」

ってよく思うものです。

 

結婚できたら幸せになれるのに

子どもができたら幸せになれるのに

素敵なパートナーがいたら幸せになれるのに

仕事で成功したら幸せになれるのに

お金を稼げたら幸せになれるのに

痩せたら幸せになれるのに

キレイになれたら幸せになれるのに

 

などなど。

 

 

 

私もよくそんな類のことを思っていました。

 

私は最近、24年間のブランクを経て

働き出したのですが

専業主婦の頃は

お金を一円も稼いでない自分が嫌で

自信が持てなくて無価値感や罪悪感を

感じていました。

 

その無価値感や罪悪感を感じたくなくて

自分を肯定して自信を持ちたくて

また、将来の不安を感じたくなくて

(老後破綻などの)

それらの嫌な感情から逃れるために

「働きたい。稼ぎたい。」と思っていました。

 

働きさえすれば、私は救われる。

悩みはなくなる。

安心、自信、自己肯定感など、欲しいものは

ほとんど手に入れることができる。

そう思っていました。

 

 

 

 

 

でも、結論から言うと

「○○だったら幸せになれる」というのは

幻想だということがわかりました。

 

 

今回、就職したのは

自分の嫌な感情から逃れるためではなく

そこまでいろいろあって

「そうしよう」と決めたのですが

 

ふと「そういえば、以前は働きさえすれば

すべて解決するなんて思ってたな」と

思い出したのです。

 

そして、実際働いてみたら

全然その通りになってないな

と、改めてわかって面白く思いました。

 

老後の心配は少し緩和したかもしれませんが

自信がないことや罪悪感などは

働いていても起こるものでした。

 

働けばOK!だと思っていたのが

働いてみたら

「仕事が難しすぎてわからない。

できない。戦力になれない。」など

罪悪感、無価値感、自信喪失の

オンパレードでした。

 

 

 

 

 

「○○だったら幸せになれるのに」

なんて嘘だ!とわかりました。

 

そうなったから幸せになるのではなくて

「○○だったら手に入れられるのに」と

思っているものは、本当は

今すぐに、自分の意識次第で

手に入るのです。

 

それは

自分の明るい未来を大丈夫と信じることや

自分の本当の価値を思い出すこと

自分はダメじゃないと自分を許すこと

自分を愛して受け入れること

自分は愛されていて

世界は優しいと信じること、などです。

 

 

 

 

キレイになったから愛されるのではなくて

もう今のままで愛されていると気づくことで

その瞬間、幸せになれます。

 

家族がいるから幸せなのではなくて

家族がいても、いなくても

自分が自分を許し、受け入れ、愛すれば

その瞬間から、世界は美しい

世界は優しい、自分は幸せだと気づきます。

 

 

 

 

すべては、自分の周りの条件ではなく

自分の心の在り方次第なのです。

 

だから、幸せになろうとして

結婚や就職、その他もろもろを

目指すのではなくて

自分がどうしてそれを求めるのか

どういう思い込みがあるのか

自分の心を見つめ、そこに対処する方が

幸せへの近道なのだと思いました。

 

 

 

 

 

ちなみに、私はあまりに仕事が難しすぎて

凹んでいたのですが

上司に「入ったばっかりで

できないのは当たり前」と励まされ

「たしかにそうだな」と思い直して

仕事ができない罪悪感、無価値感は

手放すことにしました。

 

「私はスーパーマンじゃない」と

できない自分を受け入れました。

 

できることは精一杯やって

できないことはひとつずつコツコツと

学んで積み上げていこうと思ってます。

 

 

 

f:id:miiko-3:20220923185542j:image