心のままに〜生きづらさの克服

毒親育ちのアダルトチルドレンが自分を救ってきた日々

人のケアをしている人こそケアが必要

 

 

 

ここのところ、夫が病に倒れ、入院したり

転勤して単身赴任先から帰ってきたりと

バタバタしていました。

 

 

 

夫は、幸い命に別状はなく

もう仕事に復帰しています。

 

けれども、後遺症で体にしんどさが残り

本人的には普通の生活をしているだけで

精一杯という様子。

 

ぶっちゃけ夫は自分のことで精一杯です。

 

 

 

だから、私ができることはやり

ケアをしているのですが、本人は

「なぜ自分がこんなことになったんだ」

という怒りや

思うようにならない体への苛立ち

「この先自分の体はどうなるのか」

という恐怖で、心が危機的な状態です。

 

そんな状態なので

些細なことで心が波立ち

すべて自分が責められていると捉えて

こちらの何気ない言葉にも反応して

噛み付いてきます。

 

私は、「相当辛いのだろうな」と配慮して

言いたいことは言わずに

黙って気持ちを受け止めていました。

 

 

 

誰かのケアをする人

特に病人のケアをする人は

病人にはキツいことは言えないからと

配慮して優しくしているのではないかと思います。

 

でも、そうしていたら、私は次第に

自分の中にモヤモヤが溜まっていきました。

 

久しぶりにモヤモヤモヤモヤしました。

 

 

 

 

 

私は、毎日毎日人のケアばかりしているけれど

私のやっていることは

誰にも感謝されないし、労いもされない。

やって当たり前だと思われる。

 

私は人のケアばかりしているけれど

私のケアは一体誰がしてくれるんだろう?

 

誰が、私を優しく気遣い、心配して

励まして、支えが必要な時に

支えてくれるんだろう?

ケアしてくれるんだろう?

 

夫には、もうそれは望めない。

私にはケアしてくれる人はいない。

 

 

 

そんなふうに思ったら

それがとても私の心を重くし、疲れさせ

「しんどい」とつくづく思いました。

 

 

 

そんな心でいるから、ウンザリすることや

心が重くなることが重なって

(猫も高齢になりケアが必要になった)

心底疲れて本当に嫌になりました。

 

 

 

なので、すべてを放り投げたくなって

先日、「今日はもう自分を甘やかす!」

と決めました。

 

とことん自分を甘やかしてダラダラして

ハチミツかけたライ麦パン食べて

のんびりテレビ観て、たっぷりのお湯で

ゆっくりお風呂に入りました。

 

そうして、自分の機嫌を取ろうと決めたら

「ああ、そうか。私のケアは

私がしてあげればいいんだ」と気づきました。

 

 

 

誰かに何かしてもらおうとすると

「してくれない」と不満に思い、腹が立つ。

だから、人には期待しないで

私が、常に私を気遣い、励まして

応援して、ケアしてあげる。

それを人に求めない。

 

 

 

夫は自分のことで精一杯。

「しんどいんだね」と理解して

ケアしてあげるしかない。

 

でも、私のことも同じくらいか

それ以上に、大切にして

常に気遣ってあげたいと思いました。

 

 

 

 

 

私は、私のやっていることを

私だけはわかってあげよう。

 

私が精一杯頑張っていること。

私の行いが家族を底から支えていること。

それはやって当たり前じゃない。

私のがんばりであり、成果なのです。

 

私、いつも家族のために動いてくれて

ありがとう。

私、いつもいろいろなことを考えてくれて

ありがとう。

私、いつも一生懸命頑張ってくれて

ありがとう。

 

私は、私に感謝します。

 

 

 

 

 

自分の心の状態は

周りの人や状況に影響されるのではなくて

いつでも自分次第なのですね。

 

周りに影響されて波風が立つのではなく

自分の心は自分が決める。

どの気分かは私が選ぶのです。

 

 

 

人のケアをしている自分こそ

しっかりと自分でケアしなければ、と

強く思いました。

 

 

 

f:id:miiko-3:20211023181329j:image

周りの100%の人が否定していたか?

 

 

 

私は、以前は

自分はダメな人間なんだと思っていました。

 

私の悪いところだけに注目して

私を否定する人間の言うことを

鵜呑みにしていたからです。

 

 

 

私は、私を否定する人間のジャッジを

そのまま受け入れていました。

 

子どもの頃はそうするしかできなくて

そうしてきました。

 

 

 

 

 

でも、大人になった今

私は子どもの頃の私とは違います。

 

子どもの頃にはなかった知恵や知識

判断力があり、広い視野を持って

自分を客観視することができます。

 

 

 

そんな大人の自分が、冷静に落ち着いて

自分の子どもの頃を振り返ると

今まで信じていたのと

違う景色が見えてきます。

 

 

子どもの頃、私の周りの100%の人が

私を否定していたでしょうか?

私に怒っていたでしょうか?

 

 

もちろん、そんなことはなくて

私の周りには

私を好きでいてくれる友達がたくさんいたし

私を可愛がってくれた先生もいました。

 

 

 

私の周りの人間の中で

たったひとり、母親という存在だけが

私を否定して嫌っていたのです。

 

けれど、そこまで否定してくる人間は

家から出るとほとんどいないのでした。

 

私の敵は、家の中にいました。

 

 

 

 

 

そんなふうに

「ああ、みんなに

嫌われていたわけではなかったな。

仲良くしてくれる友達もいたし

優しくしてくれる先生もいたな。」

と思い出して

「私はダメな人間ではなかった」と

理解したのでした。

 

 

 

フラットに見てみれば

私は、良いところと悪いところのある

ひとりの人間でした。

 

全世界から否定されて

自分は欠点だらけのダメ人間だと

思い込んでいましたが

それは、自分の一番身近にいた人間が

そのように扱ったというだけでした。

 

 

 

そう腑に落ちた時に

私は、自分をありのまま受け入れて

自信を持とうと思いました。

 

「私は、このままでいい。

私は、価値ある存在だ。」

と認めようと思いました。

 

 

 

本当は、ずっとそれでよかったのです。

自分で気づかなかっただけなのです。

 

 

 

f:id:miiko-3:20211021184346j:image

 

やってみよう

 

 

 

やりたいことは何?

好きなことは何?

 

そう自分に問うても

何も浮かばない。

 

何も浮かばないのは

浮かんだそばから

否定して打ち消しているから。

 

 

 

 

失敗したくない。

やってみて楽しくなかったら

ガッカリするから嫌だ。

時間や道具、材料を無駄にしたくない。

余計なものを増やしたくない。

どうせすぐに飽きるからやっても無駄。

慣れてないこと、新しいことは怖い。

などなど。

 

だから、あれはだめ、これもだめ、と

何もやりたいことがない。

 

 

 

 

一発で自分の夢中になれるもの

人生かけてやれるものと出会いたい。

失敗しないで

次の一回でものすごく楽しい人生にしたい。

 

そう、失敗したくない。

無駄なことやりたくない。

 

この思いが行動を止めてしまう。

「やろう」を消してしまう。

 

 

 

 

 

何もやらなければ失敗はしない。

 

でも、そうやって失敗を恐れて

何もしないでじっとしていて

いつか死ぬ時に

「人生失敗した〜」と思わないだろうか?

 

「もっといろいろやれば良かった〜」

と思わないだろうか?

 

 

 

「失敗は無駄」と思うと

失敗しないことをやろうとする。

 

でも「失敗も貴重な経験」と思うと

なんでもやってみようと思う。

 

 

 

私は、自分が失敗を恐れて

やりたいことを打ち消しているということを

自覚していようと思った。

 

そして、失敗してもいいし

楽しくなくてガッカリしてもいいし

時間も何もかも無駄になってもいいから

思いついたことはやってみよう。

 

 

 

 

 

ということで、とりあえず

ぬか漬けを漬けてみようと思う。

 

失敗するかもしれないし

おいしくないかもしれないし

材料が無駄になるかもしれないし

誰も食べないかもしれないけど

やってみよう。

 

やってみることに

意味があるのだから。

 

 

 

f:id:miiko-3:20211020191231j:image

 

脳が過敏になっている * HSP

 

 

 

昔の日記から。

 

 

 

*  〜  *  〜  *

 

 

 

なぜ、私が疲れやすいか、わかった。

 

 

 

なぜ、私が休息や睡眠を

たくさん必要とするのか。

なぜ、ひとりの時間がないとだめなのか。

なぜ、一日中、家に誰か人がいると

心が休まらないのか。

なぜ、新しいことや変化を避けて

ルーティンを好むのか。

なぜ、うるさい音や

ごちゃごちゃしたものが苦手なのか。

なぜ、みんなが大丈夫なことにストレスを感じ

眠れなくなるのか。

なぜ、いつも緊張して体を緩められないのか。

なぜ、頭痛、肩凝り、めまい、胃痛が

起きやすいのか。

 

寝ても寝ても疲れる。

外が疲れる。

 

なぜ、こんなにもしんどいと感じるのか。

 

 

 

 

 

愛着の障害や心の傷により

脳や神経が過敏になっているからだ。

 

過敏になっているので心休まる時がなく

いつもストレスを感じ続けている。

 

 

 

私はHSPだ。

 

 

 

私の養育環境には安全基地がなかった。

私は、いつ攻撃されるかと

いつも緊張していた。

 

そして、脳が過敏になってしまった。

 

私の脳は、安心して育った人とは違う。

 

 

 

 

 

私の今までの不調は

私の努力不足じゃない。

私の気持ちの問題じゃない。

私が怠け者なんじゃない。

私のがんばりの問題じゃない。

 

 

 

だけど、この不調や繊細さが

また攻撃される原因になるから

私はずっと無理をし続けてきた。

 

我慢をし続けてきた。

 

「人並みにならなければ」と

体に無理をさせてきた。

 

 

 

そんなの始めから無理だったんだ。

無理なのに

それをずっとやらせようとしていた。

 

自分に、体に、負荷をかけて足掻いていた。

自分にムチを打っていた。

 

しんどかった。苦しかった。

体調も、いつも悪かった。

 

 

 

 

 

もう、自分を無視するのはやめよう。

 

自分の特性に合わせて

自分の体に合わせて

心の声、体の声を聞きながら

ちゃんと言うことをきく。

 

 

 

私は、自分の体と

自分自身を大切にしようと思う。

 

 

 

f:id:miiko-3:20211019190534j:image

 

自分ファースト

 

 

 

昔の日記から。

 

 

 

*  〜  *  〜  *

 

 

 

私が、いつも

いかに人の反応を気にしていたか。

 

これをしたら

怠けてると責められる。

これをしなかったら

「あなたの役目!」とたしなめられる。

 

それが怖くて

責められないように

たしなめられないように

人の反応を気にして

自分の行動を選んでいた。

 

人の反応が怖くて怖くて仕方なかった。

 

 

 

だから、アンテナは

いつも自分の外側に張っている。

 

自分が人からどう見えるか。

人の機嫌は今どうだろうか。

 

気になるのは外側ばかり。

 

 

 

 

 

その間、自分はほったらかしだ。

 

自分が何を望もうと

何を言いたかろうと

気にも止めない。

 

そんなことは自分の生死には

重要ではない。

だから、ほっておけばいい。

 

 

 

私の生死は

自分以外の外側(母親)に握られていた。

 

外側に受け入れてもらえなければ

それは、私の死を意味する。

 

子どもにとって

母親に受け入れてもらえないことは

死ぬということなのだ。

 

誰かに世話をされなければ生きられない。

外側の世界に受け入れてもらえなければ

居場所はない。

 

だから、人から嫌われないようにすることが

最優先になる。

私はそうして自分の命を守ってきた。

 

 

 

人から責められることや

人の機嫌が悪くなることが

怖くて怖くて仕方がないのは

この時の死の恐怖だ。

 

嫌われたら生きられない、

嫌われたら居場所がない、

と思い込んでいる。

 

 

 

 

 

確かに幼い頃はそうだった。

 

でも、今はどうだろうか?

 

 

 

私は、無事に大人になった。

今、誰かに嫌われたら

私は死ぬのだろうか?

誰かの世話を必要としている?

誰かが私の命を握っているだろうか?

 

答えはNO。

 

誰かが私を責めて文句言っても

誰かが私を嫌っても

私は明日も変わらず生きていられる。

 

今、私の命を握っている人はいない。

私の命が脅かされることはない。

 

唯一いるとすれば、それは自分だ。

 

 

 

 

誰かに嫌われても

しれっと生きていればいい。

私を殺すことなどできないのだから。

外側に、そんな力はないのだから。

 

 

 

それよりも自分との関係が悪すぎて

そのことで生きるのが辛くて仕方ない。

 

自分を無視して、粗末に扱ってきたから

自分が愛の欠乏に喘いでいる。

このままでは魂が死んでしまう。

 

 

 

外側に全振りしていたアンテナを

今こそ自分の内側に向ける時だ。

 

人の機嫌を気にするのではなく

自分の機嫌を気にする。

人が喜ぶ方ではなく

自分が喜ぶ方を選ぶ。

それはいつでも。どんな時でも。

 

 

 

私はもう自分の心の声を聴いて

自分の行動を選んでいく。

心の声に従う勇気を私は持っている。

 

私は、自分のやり方で

自分のペースで、自分ファーストで

すべてを選び、これからの人生を生きていく。

 

私は、自分に起こることの全責任を持って

誰にも惑わされず、自立する。

 

私は尊い存在だ。

そのことを忘れない。

 

 

 

自分ファーストに

180°転換する。

 

 

 

f:id:miiko-3:20211017203838j:image

テーマは自己否定

 

 

 

昔の日記から。

 

 

 

*  〜  *  〜  *

 

 

 

自分が何をやりたいのかわからない。

どうしたいのかわからない。

 

わからないから

停滞し続ける自分。

 

そんな自分がちっぽけに思えて

自分のことを責めたくなる。

 

 

 

 

 

私のテーマは自己否定。

 

今、あちこちから

自己否定を手放すための

メッセージがきている。

 

しつこいしつこい自己否定。

多くの人の課題でもある。

 

私は、自己否定に向き合う。

そして、付き合い方を学ぶ。

 

それは大きな学び。

恵みの学び。

 

 

 

 

私は、自分を責めている今

「ない」世界にいる。

 

でも、私は

「ない」世界にいる自分を責めない。

 

もともと私は

「ない」世界の果てにいた。

愛のない世界の果てにいたのだ。

 

そんな「ない」世界の果てから

やっとここまで来た。

 

 

 

そして、これから

「ある」世界へと移行していく。

 

自分と繋がれない状態から

繋がれる状態へ。

愛のない状態から

愛のある状態へ。

 

 

 

それを体験して

その変化を味わって

そのギャップを楽しんでみたい。

 

そして、それを表現して

人に伝えてみたい。

 

 

 

「ない」から「ある」へ。

 

 

 

何が起こり

何を感じ

どうなるのか。

 

自分を愛すると

どうなるのか。

 

 

 

楽しみながら

観察していきたい。

 

 

 

f:id:miiko-3:20211016175050j:image

小麦粉がダメでもライ麦があった

 

 

 

私は、自分の体に合わないものは

食べないようにしています。

 

 

 

合わないものは

白米、小麦粉、豆(大豆も)、白砂糖、乳製品

牛肉、豚肉、胡麻、カフェイン

添加物、農薬、などなど。

他にもあります。

 

これだけ食べないとなると

食べられるものが限られてしまって

始めは「何食べて生きていこう⁉︎」と

かなり動揺したのですが

半年経った今は、もう慣れてしまいました。

 

 

 

いつも食べているのは

野菜、果物、ナッツ類、卵、鶏肉が中心で

主食は玄米、オートミール、芋類、蕎麦

コーンフレーク(砂糖不使用)です。

 

慣れてしまえばなんとかなるもので

今のところ、健康に生きてます。

 

 

 

この食生活に変えてから

明らかに体調が良いので

前に戻そうとは思いません。

 

朝の目覚めがスッキリしていることは

本当に気分のいいことですし

しょっちゅうあった頭痛が

ほとんどないことも助かりますし

お腹の調子が不安定だったのがなくなり

痛くも緩くもないのは本当に快適です。

 

 

 

でも、そんなにキツく

自分を律してるわけでもないので

たまにはいっか〜と

お菓子やパンなど食べるのですが

必ず、胃がもたれたり、お腹痛くなったり

怠くなったり、眠くなったりします。

 

体に負担かかってる感がハンパないです。

 

これを体感すると

そんなに普段からお菓子食べたい!とはならず

よって特に我慢もしないで

今の食生活を続けられています。

 

どんなにおいしくても

それが体の負担になると知っていて

その感じを何度も体感していれば

頻繁に食べようとは思わなくなるものです。

 

だから、体に合わないおいしいものは

たまに楽しめればいいかなぁと思います。

 

 

 

 

そんな私が、それでもたまには食べたい!

と思うものがパンなのですが

最近、ライ麦100%のパンなら

食べられるとわかって

私は小躍りしました。

 

そして、さっそくお取り寄せしてみました♪

 

 

f:id:miiko-3:20211015173749j:image

 

手前のがライ麦全粒粉100%パン。

奥がライ麦全粒粉100%パンの

くるみとアーモンド入りです。

 

f:id:miiko-3:20211015174121j:image

 

「全粒粉パン工房ポッポのパン」さんの

パンです。


f:id:miiko-3:20211015174123j:image

 

8ミリくらいに薄くスライスして

冷凍保存しようと思います。

 

f:id:miiko-3:20211015174234j:image

 

こちらのパンの原材料は

天然酵母ライ麦、塩だけです。

くるみとアーモンド入りは

それにプラスくるみとアーモンドです。

 

f:id:miiko-3:20211015174653j:image

 

薄くスライスして

チーズやハムを乗せるとおいしそうですが

私はハチミツをかけて食べてみました。

 

おいしかったです!

ライ麦パン特有の酸っぱさはあまり感じなくて

意外と癖がないのですね。

 

f:id:miiko-3:20211015175139j:image

 

これは、家の冷凍庫に常備決定です!

 

小麦粉がダメでもライ麦があった!

天は我を見放さなかった!

と言いたくなるくらいのはしゃぎようです。

 

ワクワクウキウキが止まりません♪

 

 

 

お値段は、

プレーンのライ麦パンが680円

くるみアーモンド入りが896円。

これに送料が980円かかります。

 

決して安くはないパン

大事に食べたいと思います。

 

 

 

これからも、自分の体に合った

おいしいものを探していきたいです。

 

 

 

f:id:miiko-3:20211015180120j:image