心のままに〜生きづらさの克服

毒親育ちのアダルトチルドレンが自分を救ってきた日々

忘れた頃に願いは叶う

 

 

 

ふと思いました。

 

以前、私が「嫌だなーやりたくないなー」

と思っていたことを

今はほとんどやらなくてよくなっていて

「こうだったらどんなにいいだろう」

と思っていたことが

ほとんどそうなっているなぁ、と。

 

 

 

満員電車に乗りたくない→

乗らなくてよくなっている

 

駅から遠いところに住みたくない→

駅から徒歩圏内に住んでいる

 

不便なところに住みたくない→

家の周りに何でもある便利なところに住んでいる

 

年一回の帰省→コロナを口実に行かない

 

母親からの攻撃→

遠方に住んでいてほとんど受けない

 

義理両親の面倒、介護→

両親共に亡くなったので今はやらなくていい

 

(問題のある)義姉との付き合い→

縁を切ったので付き合わなくていい

 

親戚を呼んでの法事→

家族だけでやることにした

 

煩わしい学校行事、学校付き合い→

子どもが大きくなったのでなくなった

 

緑を眺めていたい→

ベランダの植物を部屋から眺められる

 

動物と暮らしたい→猫と暮らしている

 

などなど。

 

 

 

嫌だな、やりたくないな、と思ったことは

ほとんどやらなくてよくなっているし

欲しいな、こうだったらいいな、ということは

ほとんど手に入っています。

 

本当に不思議なことです。

 

もちろん、住まいなど

自分でそう選んでいるものも多いけれど

周りが勝手にそう変化していったり

時代の流れで自然とそうなったということも

多いのです。

 

まるで、私の願いを

誰かに叶えてもらったかのようです。

 

 

 

 

でも、きっと、それもこれも

全部、自分の選択なのでしょう。

 

何かを選ぶ時

どれが自分が喜ぶか?

どれが自分に優しいか?

どれが自分がホッとするか?

どれが自分の魂がスキップするか?

 

そんなことを基準にして選んでいると

いつのまにか、世の中は

自分にとって都合よく

優しくなっているように思います。

 

 

 

その時にできる

自分の魂にとってベストな選択。

 

自分の魂(本当の自分)が

喜ぶのはどれ?

 

そこに常に意識的でいたいです。

 

「これでいい」じゃなくて

「これがいい」を生きる。

そんなことを意識していきたいです。

 

 

 

そういう選択をすることによって

私自身が自分に優しく

自分が喜ぶように、自分がホッとするように

自分と接しているということで

 

自分との接し方が

自分の現実に反映されるので

自分の現実が優しく

自分に都合よく流れていくのだと思います。

 

そうしていると

願いは忘れた頃に叶っています。

 

 

 

 

私の願いを叶えてくれる人生に

感謝を込めて。

 

 

 

f:id:miiko-3:20221004193553j:image

 

能動的なことをする

 

 

 

以前の私は、なんとなく

いつも具合が悪かったです。

 

脂っこいものを食べると胃が痛くなって

天気が悪いと頭が痛くなって

梅雨時、夏は胃と頭が痛くなって

暑くても頭痛い、寒くても頭痛い

疲れると頭痛、めまい

寝不足でも頭痛、めまい

 

なんだのかんだの言って

年中具合悪かったです。

 

 

 

漢方薬は今でも飲んでいるのですが

その頃は、漢方内科に加えて

針治療にも通っていました。

 

とにかく健康になりたいと

藁にもすがる思いでした。

 

 

 

 

 

人は、具合が悪くなると

人に「してもらいたくなる」ものだそうです。

 

ケアしてもらいたい

施術してもらいたい

治療してもらいたい、と

しんどいから楽にしてもらいたいのです。

 

私も、毎日グダグダ具合悪いので

なんとかしてもらいたくて

針治療に通っていました。

 

 

 

 

 

漢方薬を飲み始めてしばらくすると

明らかに具合が悪くなる回数が

減ってきました。

 

崩れていた体のバランスが

整ってきたのでしょう。

 

そんな時、漢方の先生に

「また一段と健康になってきた。

今は針は必要ないのでは?

針のように人に『してもらう』ことよりも

自分が『する』ことをやった方がいい。

人は具合悪くなると『してもらいたくなる』。

今は元気だから、自分から動くことを

した方がいい。」と言われました。

 

 

 

もちろん、体のバランスが整って

健康になってきたのは

針治療のおかげもあるでしょう。

 

でも、私には漢方の先生のこの言葉が

すんなりと腑に落ちたのでした。

 

 

 

 

具合が悪かった時はエネルギーが足りなくて

「してもらうこと」しかできなかったけれど

エネルギーが戻ってきたのなら

徐々に自分から動くことができます。

 

この時に、せっかくあるエネルギーを

使わないでじっとしていると

エネルギーの循環が悪いままになります。

 

元気になってきてエネルギーが戻ってきたら

そのエネルギーを使って自分から動くことで

エネルギーが循環して、さらに

エネルギーが湧いてくるのでしょう。

 

 

 

「してもらう」という受動的な在り方よりも

自分が「する」という能動的な在り方の方が

イキイキとして、エネルギーの循環もよくなり

さらに自分の内からエネルギーは湧いてきます。

 

漢方の先生は、きっとそういう意味で

「自分が『する』ことをして」

と言ったのだと思います。

 

散歩をしたり

オシャレなスポーツウェアを買ったり

歌ったり、踊ったり

何か作ったり、何か育てたり

書いたり、話したり

なんでもいいのです。

 

 

 

そう言われてみれば

すごく疲れている時って

ブログを書くことができなかったりしますが

そんな時でもテレビを観ることはできます。

 

受動的な「テレビを観る」「音楽を聴く」

などは自分が文章を書くよりも

エネルギーを使わないのですね。

 

そんなエネルギーを使わない

受動的なこともとても楽しいので

生活の中にあるのはいいと思うのですが

そればかりではなく

能動的な自分が「する」ことも

織り交ぜてバランスをとっていくと

いいのでしょう。

 

受動的なことばかりしていると

自分は停滞しているように感じるので

能動的なこともして

自分のエネルギーを回していくと

いいのだと思います。

 

能動的なことは、すればするほど

どんどん体が動くようになって

自分はイキイキと輝いていけます。

 

 

 

 

毎日の生活で「なんだかなー」と

どんよりしている時は

能動的な、自分が「する」ことをすると

シャキッとします。

 

 

 

f:id:miiko-3:20220930194359j:image

食べるものの影響

 

 

 

私は、胃腸の調子が悪くて

2年くらい前から漢方薬を飲んでいます。

 

定期的に漢方内科に通って

処方された漢方薬を飲んでいれば

今はほとんど症状はなく

だいぶ健康になりました。

 

 

 

健康になったのは

漢方薬のおかげでもありますが

食べるものを変えたことも大きいです。

 

 

 

具合の悪い頃は

パン、パスタ、スイーツ、スナック菓子

焼き肉、乳製品、ラーメン、アイス、など

おいしいものをたくさん食べていたのですが

 

それらをほとんどやめて

今は、オートミールライ麦パン、玄米

鶏肉、卵、魚介類、野菜、果物(少し)

ナッツ類などを中心に食べています。

 

小麦粉や白砂糖は

ほとんど口にしなくなりました。

(と言っても、白砂糖は調味料など

ほとんどの食品に含まれているので

完全にゼロにはできませんが)

 

体調の悪い方は

小麦粉と白砂糖をやめるだけでも、劇的に

具合が良くなるのではないかと思います。

 

本当に体が軽くなったので

食べるものって大事なんだなと

びっくりしました。

 

 

が。

 

 

体が軽くなる前には

ツラいツラい離脱症状があります。

 

やめてみてわかったのですが

小麦粉と白砂糖の依存性は

本当にすごいです。

 

自分が小麦粉と白砂糖に依存していたことが

よくわかりました。

 

 

 

小麦粉や白砂糖を断つと

数日で、体の異様なだるさ、頭痛

気分の落ち込みなどが現れました。

 

ここで、この症状に耐えられず

小麦粉や白砂糖を取ると

症状は嘘のように消えて

気分も爽快になります。

 

でも、そこで耐えて

小麦粉も白砂糖も取らないでいると

2週間くらいすると

スッと体が楽になってきます。

 

そこからは、体はどんどん軽くなっていき

朝の目覚めがとてもスッキリして

睡眠時間は短くなり

体調不良もなくなっていきます。

 

 

 

 

離脱症状と闘っている時は

スーパーでパンやスイーツを見ると

勝手に大量の唾液が出て

「ああ、おいしそう。食べたい。食べたい。」

と渇望していました。

 

でも、ここまでくると

スーパーでスイーツの前を通っただけで

唾液が出るような体の反応はなくなり

食べたいという感情も起きなくなります。

 

私は、小麦粉と白砂糖から解放された!

と思いました。

 

 

 

 

そうして、自分の体に負担のかからない

食べものを日常的に食べていると

たまに少しスイーツなどを食べた時に

胃がドーンと重くなったり

あとでお腹が痛くなったり

異様に眠くなったり、だるくなったり

体がすぐさま反応するようになりました。

 

以前は、スイーツなどそういうものを

大量に食べても、すぐに

そんな体調不良にはならなかったのに

平気で食べまくっていたのに

(その代わりいつでもなんとなく体調悪い)

 

一回完全にやめてしまうと

体が敏感になるようで

少しの量の体に合わないものでも

「これは体に入れたくない!嫌だ!」

と体が反応するようになったのです。

 

有毒なものを断って一度体をリセットすると

体は研ぎ澄まされ敏感になって

少しの有毒なものでも

反応するようになるようです。

 

体が鈍感な方が楽だなぁと思う時もあるけれど

こうして体がすぐに反応して

「これは嫌だ!」と伝えてくれるのは

体が雄弁になったということで

私と体との関係が良くなったということです。

 

なので、この今のおしゃべりな体と

よく対話しながら付き合っていくのは

良いものだなぁと思ってます。

 

 

 

 

食べるものを変えると

体調は本当に変わります。

 

当たり前ですが

体は、食べるものの影響を

本当にたくさん受けているのだと思いました。

 

 

 

f:id:miiko-3:20220925185049j:image

○○だったら幸せになれるのに?

 

 

 

「○○だったら幸せになれるのに」

ってよく思うものです。

 

結婚できたら幸せになれるのに

子どもができたら幸せになれるのに

素敵なパートナーがいたら幸せになれるのに

仕事で成功したら幸せになれるのに

お金を稼げたら幸せになれるのに

痩せたら幸せになれるのに

キレイになれたら幸せになれるのに

 

などなど。

 

 

 

私もよくそんな類のことを思っていました。

 

私は最近、24年間のブランクを経て

働き出したのですが

専業主婦の頃は

お金を一円も稼いでない自分が嫌で

自信が持てなくて無価値感や罪悪感を

感じていました。

 

その無価値感や罪悪感を感じたくなくて

自分を肯定して自信を持ちたくて

また、将来の不安を感じたくなくて

(老後破綻などの)

それらの嫌な感情から逃れるために

「働きたい。稼ぎたい。」と思っていました。

 

働きさえすれば、私は救われる。

悩みはなくなる。

安心、自信、自己肯定感など、欲しいものは

ほとんど手に入れることができる。

そう思っていました。

 

 

 

 

 

でも、結論から言うと

「○○だったら幸せになれる」というのは

幻想だということがわかりました。

 

 

今回、就職したのは

自分の嫌な感情から逃れるためではなく

そこまでいろいろあって

「そうしよう」と決めたのですが

 

ふと「そういえば、以前は働きさえすれば

すべて解決するなんて思ってたな」と

思い出したのです。

 

そして、実際働いてみたら

全然その通りになってないな

と、改めてわかって面白く思いました。

 

老後の心配は少し緩和したかもしれませんが

自信がないことや罪悪感などは

働いていても起こるものでした。

 

働けばOK!だと思っていたのが

働いてみたら

「仕事が難しすぎてわからない。

できない。戦力になれない。」など

罪悪感、無価値感、自信喪失の

オンパレードでした。

 

 

 

 

 

「○○だったら幸せになれるのに」

なんて嘘だ!とわかりました。

 

そうなったから幸せになるのではなくて

「○○だったら手に入れられるのに」と

思っているものは、本当は

今すぐに、自分の意識次第で

手に入るのです。

 

それは

自分の明るい未来を大丈夫と信じることや

自分の本当の価値を思い出すこと

自分はダメじゃないと自分を許すこと

自分を愛して受け入れること

自分は愛されていて

世界は優しいと信じること、などです。

 

 

 

 

キレイになったから愛されるのではなくて

もう今のままで愛されていると気づくことで

その瞬間、幸せになれます。

 

家族がいるから幸せなのではなくて

家族がいても、いなくても

自分が自分を許し、受け入れ、愛すれば

その瞬間から、世界は美しい

世界は優しい、自分は幸せだと気づきます。

 

 

 

 

すべては、自分の周りの条件ではなく

自分の心の在り方次第なのです。

 

だから、幸せになろうとして

結婚や就職、その他もろもろを

目指すのではなくて

自分がどうしてそれを求めるのか

どういう思い込みがあるのか

自分の心を見つめ、そこに対処する方が

幸せへの近道なのだと思いました。

 

 

 

 

 

ちなみに、私はあまりに仕事が難しすぎて

凹んでいたのですが

上司に「入ったばっかりで

できないのは当たり前」と励まされ

「たしかにそうだな」と思い直して

仕事ができない罪悪感、無価値感は

手放すことにしました。

 

「私はスーパーマンじゃない」と

できない自分を受け入れました。

 

できることは精一杯やって

できないことはひとつずつコツコツと

学んで積み上げていこうと思ってます。

 

 

 

f:id:miiko-3:20220923185542j:image

 

体に優しいおやつ〜オレンジゼリー

 

 

 

体に優しいおやつ

オレンジゼリーを作ってみました。

 

 

私は、なぜだか

夏になるとオレンジゼリーが

よく食べたくなるのです。

 

さっぱり爽やかで

つるんとしてるのが

その理由なのでしょう。

 

 

 

自分の体に合わないものを

取らないようにしてからは

普通に売っているゼリーは買えなくて

食べたくなったら自分で作るようにしてます。

 

なぜ市販のゼリーはダメなのかというと

ゼラチンを使っているからです。

 

 

 

私の体に合わないものの中には

豚肉もあって、ゼラチンは

豚のコラーゲンから作られています。

 

それに

白砂糖を使っているということもあります。

 

なので、自分で作る時は

白砂糖→てんさい糖

ゼラチン→寒天、葛

にして作ります。

 

寒天は海藻、葛は植物なので

私でも大丈夫なのですね。

おもしろいなぁと思います。

 

 

 

 

オレンジゼリーのレシピです。

 

【オレンジゼリー】5個分

 

オレンジジュース  500ml

てんさい糖     80g

寒天        小さじ1

本葛粉       10g

 

 

① 材料をすべて鍋に入れて

火にかける前によく混ぜる。

(葛が溶けにくい時は時間を置く)

② 材料がよく混ぜられたら火にかけて

ふつふつしてきたら弱火にする。

混ぜながら4〜5分煮る。

③ 火を止めて型に流し入れて

粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。

 

※ てんさい糖はお好みで

もう少し減らしてもいいかもしれません。

 

 

 

f:id:miiko-3:20220918201851j:image

 

 

 

次男に食べさせたら

ゼラチンのぷるんとした感じとは違うので

何やらぶつぶつ言ってました。

 

つるつるしてないというか

少しもさつくというか…

 

寒天特有のサクサクした感じもあって

普通のゼリーに慣れていると

違和感を感じるのかもしれません。

 

寒天と葛なので

ヘルシーではあるのですけれど…

 

味はおいしいと言っていました。

 

 

 

使ったジュースによるのかもしれませんが

私はオレンジの酸味が

少しキツイように感じました。

 

甘味は充分すぎるほど付けてあるので

そういう味のジュースなのでしょうか。

 

なので、今度はリンゴジュースで

作ってみたいなと思います。

 

 

 

f:id:miiko-3:20220918202808j:image

自分の魂を感じる

 

 

 

リラックスして座って

目を閉じて

呼吸に意識を集中して

瞑想していると

自分の中心の

澄んだ意識を感じることができます。

 

 

 

 

それは、透明で、軽やかで

どこまでも澄んでいて

輝き、美しいです。

 

 

 

その意識は

自分の外側で何が起こっても

自分が何を思っても

関係なく、揺るがずに

そこにあり続けます。

 

いつでも、確実に、そこにある。

何があっても傷つかない。

影響を受けない。

 

強く、永遠な存在です。

 

 

 

 

その意識は

静かで、優しく、温かいです。

 

 

その意識を感じていると

自分の中に浮かぶ言葉や情景や考えや感情が

すべてはゴミなのだとわかります。

 

現れては消えて

自分の周りをただ通り過ぎていくだけの

無意味なもの。

 

重要じゃないもの=ゴミ

 

 

 

だから、それらを「自分」だなんて

勘違いしてはいけません。

 

「自分」だと勘違いして

それに囚われたり

握りしめたりしてはいけません。

 

自分の中に浮かんでは消えていく

思考も感情も記憶も

「自分」ではないのです。

 

 

 

それは、ただ、そう思っただけ。

そう浮かんだだけ。

そう現れただけ。

 

観察して、眺めていれば

そのうちに流れていって

消えてしまいます。

 

それと同一化したり

どっぷりハマったり

握りしめたりしなくていいのです。

 

それらは

現れては消えていくものです。

 

 

 

思考も、感情も、記憶も

自分ではありません。

自分の前を通り過ぎていくもの。

 

 

自分は

自分の中心にある

澄んで美しい意識なのです。

 

 

 

f:id:miiko-3:20220917194108j:image

今、何をするかは自分の自由

 

 

 

朝起きて

部屋のカーテンを開け、窓を開け

ベランダに出て植物たちに目を配り

お水をあげたり、花殻を取ったりする。

 

そして、伸びをして

太陽に向かって3回深呼吸。

 

部屋に戻って

家中のタオルを新しく替える。

 

猫にごはんをあげて

お水を新しくしてあげて

トイレもきれいにしてあげる。

 

お風呂の排水口の掃除。

人間のトイレ掃除。

 

手を石鹸で洗って

顔も洗い、口も清める。

 

身支度をして

仏さまにお水とお線香、お花を

お供えする。

 

心の中で「いつも見守ってくださって

ありがとうございます」とお礼を言う。

 

 

 

 

ここまでが、いつもの私のルーティン。

清々しく、気持ちよく

一日をスタートさせる。

 

 

 

 

 

そのあとは自由。

 

「私は自由だ。何をしてもいいし

時間をどう使おうといい。

掃除も洗濯もご飯作りも

したくないと思ったらしなくてもいいし

してもいい。私は自由だ。

私の思うがままだ。私は本当に自由なんだ。」

と内から喜びが溢れてくる。

 

自由とは、なんてワクワクするんだろう。

自由とは、なんて幸せなんだろう。

 

私は、自由を噛み締めている。

 

 

 

 

 

「そんなこと言ったって

やらなきゃいけないことがあるじゃないか。

それをしなきゃ周りに迷惑がかかるし

生活も滞るじゃないか。

仕事だってしなきゃいけない。」

 

という声が聞こえてくる。

 

本当にそうだろうか?

 

 

 

これは私がやらなきゃ、と思ってること

本当に私がやらなきゃいけないのかな?

 

回数を減らしたり

簡略化したり

代行を頼んだり

便利グッズを使ったり

みんなに手伝ってもらったりして

できるかもしれない。

 

そもそも、なくてもどうにかなったりして

大丈夫かもしれない。

 

今、それをしなくても

誰も死なないし

重大な何かが起こるわけでもない。

 

 

 

ということは、今、何をするかは

自分が選んでいいということだ。

 

やらなくちゃいけないことで

毎日を埋め尽くさないで

まず、やりたいことを自由に選ぶ。

 

そして、できる時や余裕のある時に

できることをやればいい。

 

 

 

本当に嫌なこと、できないことは

頭を柔軟にして良いアイデアを捻り出して

「やらない」。

 

そうは言っても

これはやらなきゃいけないんだよ!

ということほど手放す価値がある。

 

それを手放せた時

「なんでずっと我慢して

あんなことやってたんだろう?」と

不思議に思うかもしれない。

 

義理家族との付き合い、親戚付き合い

ママ友との付き合い、近所付き合い

家事、仕事、介護、人の世話、雑用

などなど。

 

嫌だけど、やらなくちゃと思って

仕方なくやっていることはないだろうか?

 

そういうものをやめられた時

自分が軽くなるのがわかる。

心の負担がなくなるのがわかる。

 

やらなくても

別にどうということもないのだ。

 

 

 

 

 

短い自分の人生

嫌なことをやってる時間なんてない。

嫌なことに費やしている時間が

もったいない。

 

どうせ、もうちょっとしたら

死んじゃうんだから。

 

 

 

今、自分が何をするか

決めていいのは自分だけ。

 

全部、自分が選んでいる。

だから、自分はいつでも自由なのだ。

 

 

 

人生とは、自由なのだ。

 

 

 

f:id:miiko-3:20220915172146j:image