心のままに〜生きづらさの克服

毒親育ちのアダルトチルドレンが自分を救ってきた日々

アダルトチルドレン

周りの100%の人が否定していたか?

私は、以前は 自分はダメな人間なんだと思っていました。 私の悪いところだけに注目して 私を否定する人間の言うことを 鵜呑みにしていたからです。 私は、私を否定する人間のジャッジを そのまま受け入れていました。 子どもの頃はそうするしかできなくて …

脳が過敏になっている * HSP

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * なぜ、私が疲れやすいか、わかった。 なぜ、私が休息や睡眠を たくさん必要とするのか。 なぜ、ひとりの時間がないとだめなのか。 なぜ、一日中、家に誰か人がいると 心が休まらないのか。 なぜ、新しいことや変化を避けて ル…

自分ファースト

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私が、いつも いかに人の反応を気にしていたか。 これをしたら 怠けてると責められる。 これをしなかったら 「あなたの役目!」とたしなめられる。 それが怖くて 責められないように たしなめられないように 人の反応を気にし…

テーマは自己否定

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 自分が何をやりたいのかわからない。 どうしたいのかわからない。 わからないから 停滞し続ける自分。 そんな自分がちっぽけに思えて 自分のことを責めたくなる。 私のテーマは自己否定。 今、あちこちから 自己否定を手放す…

許せないのは尊厳を傷つけられたから

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 「お母さんを絶対に許さない。 終わりになんかしない。 ずっと苦しみ続けるがいい。」 という私がいる。 それだけ私が苦しかった、痛かった、 傷ついた、ということ。 私は、許したくない私に寄り添って 「許したくないんだね…

ロープでキツくぐるぐる巻きになってる自分

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私の言いたいこと。 私の腹の底から湧き上がってくる思い。 監視されたくない。 支配されたくない。 縛られたくない。 操作されたくない。 口出しされたくない。 妨害されたくない。 邪魔されたくない。 好きにしたい。 自由…

否定の猛毒は受け取らない

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 先祖代々受け継いできた 否定エネルギー、ねば、べきエネルギー。 母から与えられる 否定エネルギー、ねば、べきエネルギー。 私の中に溜まっている 否定エネルギー、ねば、べきエネルギー。 私は、これらのエネルギーを手放…

負の連鎖を癒す

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私の目の前に 頑なに自分を変えようとしない人がいる。 その人が私を映した鏡だとしたら 私に対するメッセージはなんだろう? 「いつまで同じこと言ってるの? 自分が変われば心穏やかな世界になるのに。 そのままでいいの? …

すぐに気分が下がる

毒親育ちでアダルトチルドレンの私は 何かというと気分が下がり気味になります。 もともと自分に自信がなく 自分が「できる」とも思えないし 実際とびきり何かが得意というわけでもなく 根底に「どうせ私にはできない」という マインドを握りしめていました…

第一幕は終わった

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私が体験した子ども時代。 否定されて 攻撃され続けて 自分の存在に 価値があると思えなかった。 私は無価値で 世界は暗かった。 そんなことがあった。 でも、それは 私の人生の中の 第一幕でしかない。 大人になった今 第一…

近くに不機嫌な人がいる時

ある時、夫が不機嫌な時がありました。 休みでずっと家にいるのに 近くでずっとブスッとして イライラして不機嫌そうにしているので 私はこれ以上夫の気分が悪くならないようにと 気を遣って過ごしました。 でも、そうしていると こっちまで気分が悪くなって…

母への手紙

最近、身軽になりたくて やたらとモノを捨てて断捨離しています。 そんなわけで、今日も ドレッサーの引き出しを整理していたら 数年前、母に宛てて書いた手紙が出てきました。 その手紙は、実際に母に出したわけではなく ただ紙に書いて自分の気持ちを確か…

答えは自分の心が望むもの

私は、いつも自分を責めて もっとがんばって もっと立派な人になって 自分ではない何者かに なろうとしていた。 人より優れた 特別な人になりたかった。 自分のことを自分で決められず 人生を自分で創っている自覚もなかった。 正しい答えを誰かに教えてもら…

ほんの僅かな変化

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 進みたいのに 成長したいのに 進めない。 成長できない。 不甲斐ない自分に どうしても 「できていない」と バツをつける。 でも、本当はちゃんと 「進んでいる」 「成長している」。 いっぺんに進もうとしないで。 いっぺん…

責めるエネルギー

私の母は 子どもを上手に愛せませんでした。 不安な子どもを 安心させてあげることもできず 優しい温もりを与えることもできず あなたが大好きと肯定してあげることもできず 不安や不足感から 自分の思い通りにコントロールしようとして 自分の優れない感情…

私の言葉が私に届きますように

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私が、私に叫んでいること。 「私が私のままでいることを許してほしい!」 私は、自分が許せない。 なかなか動かない自分。 なんでも遅い自分。 植物を枯らす自分。 これら残念な自分にガッカリして 受け入れられない。 でも…

「あんたってパッとしないね」

「あんたってパッとしないね」 私が母からよく言われていた言葉です。 この言葉が、私を苛み 縛りつける呪いの言葉になりました。 母は、私を褒めませんでした。 ちょっとくらい何かが上手くできても 「そんなの普通だ」とでも言うように スルーです。 そし…

魂と繋がれないのは

本当の自分は魂という存在で 魂は自分を幸せへと導く羅針盤のようなもの。 だから、魂と繋がって 魂のメッセージをちゃんと聞き 魂の喜ぶことをすると 自分はハッピーでいられて ものごとはスムーズに流れます。 「魂」というとピンとこないなら 「本当の自…

治りませんように

もう何年も前になりますが 「治りませんように べてるの家の今」(斉藤道雄) という本を読みました。 精神障害やアルコール依存などを抱える人々が 北海道浦河で営む共同住居と作業所 「べてるの家」。 ここに自ら身を置いたジャーナリストによる ドキュメ…

いつも自分の外側ばかり見ている人

例えばですけど 自分が楽しくピアノを弾いて 誰かに聴いてもらおうと思った時 どんな人を呼びますか? 自分のピアノを聴きたいと思ってくれる人? それとも 自分のピアノを聴いてほしいと思う人? 私は、断然、自分のピアノを 聴きたいと思ってくれる人でし…

心に耳を澄ます

疲れた。 休みたい。 ひとりになりたい。 自由にしたい。 好きにしたい。 辛い。 辞めたい。 逃げたい。 伸び伸びしたい。 邪魔されたくない。 鎖に繋がれたくない。 身軽になりたい。 助けてほしい。 救ってほしい。 これは、私の魂の叫びでした。 私が助け…

心の不要物を手放し自分を救う

アダルトチルドレンで毒親育ちの私は 幸せになろうとして 自分の好きなこと、やりたいことを やって生きていこうと思いました。 幸せになるには 自分の好きなこと、やりたいことをやって 自分の心のままに生きるのがいいと どんな本にも書いてありましたから…

髪は何色に染めてもいい

ある時、夫が、本当に素で不思議そうに 「なんで髪の毛ピンクとかにしないの?」 と、私に言いました。 夫は、自由人で派手好き。 服装も奇抜なものを好み 道で人から振り返られると 心の中でガッツポーズするような人です。 地味とか、暗いとかが大嫌いで …

怖いという感情

感情は、大きく分けると4つあって、それは 悲しい、怖い、怒り、喜びなのですが 昨日、一昨日で 怒りと悲しみについて書いたので 今日は怖いという感情について 書こうと思います。 怖いという感情も、意外と 心に染みついていて厄介な感情です。 私は、4…

悲しみという感情

昨日、怒りの感情について書いたので 今日は悲しみについて書こうと思います。 悲しみを感じた時には どんな気分になるかというと クヨクヨする ショックを受ける 残念な気持ち 落ち込む 辛い気持ち 後悔する 情けなく思う などです。 悲しみの感情というの…

怒りという感情

怒りという感情は、人がよく感じる 馴染みのある感情だと思います。 私もいつも怒りと付き合っています。 怒りは、根深いものからごく軽いものまで さまざまです。 そんな怒りの感情、それが湧くと どんな気分になるのでしょう。 イライラする。 ムカつく。 …

言葉にすると何が起こるのか

人と話す、言葉にする、というのは 心の健康に、とても大きな意味があります。 例えば、自傷行為や過食嘔吐 または他の問題行動でもそうですが これらは、言葉にできない思いがあって それが苦しくて、行動で発散してる状態です。 行動化と言われます。 この…

やっぱり孤独は良くない

昨日の記事で 人の話をきちんと聴いて 共感してあげることで その人の安全基地になれると書きました。 もちろん、自分も誰かに共感してもらって 心の安全基地を得るのも大切なことです。 心の安全基地がある人は (自分の味方で共感してくれる人がいる人は)…

人の話をきちんと聴くということ

人の話をきちんと聴くというのは とても大切なことです。 そこにはたくさんの ポジティブなメッセージが込められています。 「聴く」というのは 最後まで話の腰を折らずに その人の言うことを共感を持って ただ受け止め、聴くということです。 相手を見つめ …

自分のままでいたい

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私は、母の望む人間になれない自分を 許せなかった。 母を喜ばすことのできない自分を 許せなかった。 そして、そのもうひとつ奥には 自分の個性を許せない気持ちがあった。 自分の個性、自分のあるがまま。 たぶん、私は本来…