心のままに〜生きづらさの克服

毒親育ちのアダルトチルドレンが自分を救ってきた日々

自分を生きる

やってみよう

やりたいことは何? 好きなことは何? そう自分に問うても 何も浮かばない。 何も浮かばないのは 浮かんだそばから 否定して打ち消しているから。 失敗したくない。 やってみて楽しくなかったら ガッカリするから嫌だ。 時間や道具、材料を無駄にしたくない…

第一幕は終わった

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私が体験した子ども時代。 否定されて 攻撃され続けて 自分の存在に 価値があると思えなかった。 私は無価値で 世界は暗かった。 そんなことがあった。 でも、それは 私の人生の中の 第一幕でしかない。 大人になった今 第一…

答えは自分の心が望むもの

私は、いつも自分を責めて もっとがんばって もっと立派な人になって 自分ではない何者かに なろうとしていた。 人より優れた 特別な人になりたかった。 自分のことを自分で決められず 人生を自分で創っている自覚もなかった。 正しい答えを誰かに教えてもら…

治りませんように

もう何年も前になりますが 「治りませんように べてるの家の今」(斉藤道雄) という本を読みました。 精神障害やアルコール依存などを抱える人々が 北海道浦河で営む共同住居と作業所 「べてるの家」。 ここに自ら身を置いたジャーナリストによる ドキュメ…

いつも自分の外側ばかり見ている人

例えばですけど 自分が楽しくピアノを弾いて 誰かに聴いてもらおうと思った時 どんな人を呼びますか? 自分のピアノを聴きたいと思ってくれる人? それとも 自分のピアノを聴いてほしいと思う人? 私は、断然、自分のピアノを 聴きたいと思ってくれる人でし…

心に耳を澄ます

疲れた。 休みたい。 ひとりになりたい。 自由にしたい。 好きにしたい。 辛い。 辞めたい。 逃げたい。 伸び伸びしたい。 邪魔されたくない。 鎖に繋がれたくない。 身軽になりたい。 助けてほしい。 救ってほしい。 これは、私の魂の叫びでした。 私が助け…

心の不要物を手放し自分を救う

アダルトチルドレンで毒親育ちの私は 幸せになろうとして 自分の好きなこと、やりたいことを やって生きていこうと思いました。 幸せになるには 自分の好きなこと、やりたいことをやって 自分の心のままに生きるのがいいと どんな本にも書いてありましたから…

結果に執着しない

自分の好きなことをして自由に生きたい。 自分自身を表現して生きたい。 やりたいことをやって生きたい。 そう心から思います。 でも、そうして好きなことを始めても 途中から苦しくなることがあります。 それは、思うような結果が出ないから。 成果、成功、…

髪は何色に染めてもいい

ある時、夫が、本当に素で不思議そうに 「なんで髪の毛ピンクとかにしないの?」 と、私に言いました。 夫は、自由人で派手好き。 服装も奇抜なものを好み 道で人から振り返られると 心の中でガッツポーズするような人です。 地味とか、暗いとかが大嫌いで …

悲しみという感情

昨日、怒りの感情について書いたので 今日は悲しみについて書こうと思います。 悲しみを感じた時には どんな気分になるかというと クヨクヨする ショックを受ける 残念な気持ち 落ち込む 辛い気持ち 後悔する 情けなく思う などです。 悲しみの感情というの…

「自分」を経験して死んでいく

命は光です。 人間は光の先っぽです。 神さまが光で 神さまとつながっているから 人間は光の先っぽなのです。 命は、ただ経験がしたい。 素晴らしい経験 幸せな経験 心踊る経験 心温まる経験 辛く悲しい経験 悔しい経験 大失敗する経験 罪深い経験 どんな経…

自分のままでいたい

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私は、母の望む人間になれない自分を 許せなかった。 母を喜ばすことのできない自分を 許せなかった。 そして、そのもうひとつ奥には 自分の個性を許せない気持ちがあった。 自分の個性、自分のあるがまま。 たぶん、私は本来…

自分の価値観で生きる

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私にとって、良いものは 母が喜ぶもの。 母が、普通じゃ喜ばない。 ありきたりじゃ喜ばない。 特別じゃないと喜ばない。 母が喜ばないものは価値がない。 人とは違う 特別な存在であることが大事。 優れていないと この世に存…

事実は事実

受け入れようと 受け入れまいと 事実は事実。 当たり前のようなこのことを 自分に当てはまると わかってないなぁ ということがよくあります。 私は、みんなのようにできなくて 体力なくて、すぐに具合が悪くなって スローペースで 繊細な自分が嫌いでした。 …

傷ついた自己愛を育てる

自分の人生はなぜこんなに苦しいのか。 生きていくことがとても怖くて 辛くて、しんどくて、疲れた。 すごく疲れた。もうやめたい。 がんばっても、変えられない。 そんなふうに 悲しく絶望的な気分になったことがあります。 私は、世界を怖れて、寂しくて、…

ほんのちょっとの無理

日常の中で ほんのちょっとだけ無理をする ほんのちょっとだけ我慢する ということがよくあります。 本当に些細なことで 自分ではこれくらい大丈夫 このくらいならなんてことない と思ったりします。 少し疲れたけど ちょっとくらいならやってしまおう。 気…

軽やかに軽やかに

家の仏様の前に座っていたときに あるイメージが浮かびました。 目の前に大きな山があります。 麓はキレイなお花畑。 お花畑にいるのは とっても楽ちんで心地いい。 でも、私は山の頂上が気になっています。 どんなところだろう? どんな景色が見られるんだ…

今日という一日

自分自身であること 自分のしたいことをすること 自分の心が弾むことをすること 自分を全開で表現すること これらのことを後回しにしない。 しなければならないことや 人を喜ばせること 人からの評価を得ることに 埋もれさせて 後回しにしない。 そのことを…

より良い自分を目指すことをやめる

努力して良い人間であろうとしたり 幸せになろうとすることをやめる。 それでは迷路に入りこむと 気づかなければならない。 良い人間であろうとするのは 自分のネガティブな面など 本当の自分から目を背けているし 今の自分は良くないと否定しているから。 …

自分が自由になることを許す

次男が小学生の頃 仲良くしていたお友達のお母さんが 私は苦手でした。 その人は、教育熱心で厳しくて なんとなく批判的なのです。 「こうすべき、こうじゃなきゃダメ」 がいっぱいあるみたいで それに反するものは許せなくて いつもイライラしていました。 …

罪悪感と向き合ってみた

私は、以前、毎日毎日 自分の中が罪悪感でいっぱいでした。 自分はダラダラして何もしない。動かない。 全然役に立ってない。何も生み出していない。 ただ生きて、息をしているだけだ。 せっかくの時間、人生を無駄にしてる。 何のために生きているのか。 自…

そのままの自分でいるということ

自分のままでいられるというのは なんて楽なのだろう!と思います。 「自分のままでいる」というのは わかりやすく言うと 「我慢しない、無理しない、頑張らない そのままの自分でいる」ということです。 「自分の苦手なところも 改善しようとせずにそのまま…

自分という人間を体験中

自分という人間は エゴを抱えて 迷ってばかりで 煩悩まみれだ。 たぶん 煩悩からは 一生逃れられない。 だけど、悩みながら 毎日毎日 気づき、学び 成長していけるのは 楽しい。 迷いながら 精一杯、日常を生きる。 そうやって 生きている瞬間は楽しい。 迷…

人からの批判

毒親育ち、アダルトチルドレンは 自己肯定感が低いから 人に親切にしたり 良い行いをしたりします。 そうすると、 「今、自分良いことした。 人の役に立ったんじゃないか?」 と、自己肯定感が上がって いい気分になれるからです。 また、アダルトチルドレン…

人のためにばかり動いてしまう

毒親育ちでアダルトチルドレンの私は 常に周りに気を配り 人の気分が良くなるように動いて 生きていました。 いつも周りを見渡して つまらなそうにしてる人がいたら その人が気になって 声をかけて楽しませたり 悩んでいる人がいれば 「さあ、出番!」とばか…

生き方と自転車

最近、私は自転車を買い替えました。 前、乗っていた自転車は 子どものお下がりで、年数も経っていて そのせいか、乗り心地が とても悪かったのです。 ペダルが重くて 平坦な道を走っていても疲れてしまって 坂道となると、もう立ち漕ぎをして 何の苦行かと…

悩みに囚われて気分が悪い時

悩みがあったり 体調が悪かったりすると 気分も悪くなって そこからなかなか浮上できない なんてことがよくあります。 私は、虚弱体質な上にHSP(繊細)なので いつでも元気いっぱい!というわけではなく 体調が良くない時がたまにあります。 そんな時は、体…

受け身の姿勢でいるということ

私はよく 「○○だったらいいなぁ」 「○○が欲しいなぁ」 「○○をしたいなぁ」 と思っていました。 「こうだったらいいのに ああだったらいいのに」 と願っていました。 初詣で神様にお願いしたり 七夕で短冊に書いたり と、願っていました。 そうして願っている…

優しいお母さんと思われたくて

私は2人の男の子を育てています。 長男は今年春に大学を卒業して 次男は高校生です。 もうだいぶ大きくなったので 一日中子どもに振り回される ということはなくなりました。 でも、この子どもたちには それぞれに発達障害があって まだまだ課題はあります…

何かになろうとしない

自分の中に 罪悪感や自責感情がある、と気づいたら 不快だけど、あるものは認める。 「そんなふうに思ってるんだー」と。 そして、終わり。 あるものは、ある。 でも、それは自分ではなくて 自分の前を通り過ぎるもの。 そう思ってるというだけで 真実ではな…