心のままに〜生きづらさの克服

毒親育ちのアダルトチルドレンが自分を救ってきた日々

自分を生きる

育ち方で人生決まるわけじゃない

私は、以前 スピリチュアルに支えられていましたが 依存はやめて自立しようとそこから離れて ひとりになって自分を見つめてみました。 すると、自分の心の中は 怒りと孤独感と不安と恐怖で いっぱいでした。 私は、生きる楽しみのない 不幸な溺れる者でした…

能力主義からの離脱

思えば、私はうんと若い頃 高校卒業したくらいから ずっと、何かを目指していました。 将来は何になろうか。 どんな職業で成功を収めようか。 どんな資格を取ろうか。 何を勉強しようか。 何を始めようか。 私は、それから何十年間も ずっと何かを目指し続け…

自分のままで自分が楽しいことをする

私の今年の目標は 「自分のままで 自分が楽しいことをする」です。 「自分のままで」というのは 今のこのままの自分ということ。 自分の価値を高めようと 何かを目指したりしない、 自分のマイナス面を埋めようと 成果やお金を得ようと頑張らない、 他の何者…

退屈な日常を丁寧に味わう

昨日の記事の続きですが 私は、自分自身を取り戻すべく スピリチュアル依存を手放しました。 それまでスピリチュアルにかけていた時間 本を読んだり、人のブログを読んだり 瞑想、お祈りをしたり 感謝の言葉を言ったり、何かワークをしたり セミナーやセッシ…

何かに依存している人の気持ち

何かに依存している人 例えば、アルコールや薬物 ギャンブル、ゲーム、スマホ 買い物、恋愛、宗教、スピリチュアル 軽めのだと、チョコレート、ポテチ、お菓子 読書、アイドル、アニメ、テレビ などなど。 (他にも無限にあります) 趣味や、ただの楽しみの…

自分で気づいていくことがやりたいこと

人生というのは 人間が死ぬまで成長し続ける その過程のことを言うのだな と、最近思います。 どんなに大人になっても 高齢になっても 気づくことがある限り 人間は成長し続けるものなのです。 成長のポイントである「気づく」ということ。 これは、誰かに教…

自分の持ち味を活かす

夢を追っていたけれど挫折した人 何をやっても長く続かない人 自分がどう生きたらいいのかわからない人 こんな人は 自分の本当にやりたいことを やってないからだと思います。 そういう私自身も 思いっきり当てはまっていました。 今思うことは そういうなん…

自分のしていることに誇りを持つ

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私は、完璧な主婦を目指していた。 そして、全然完璧ではない自分に いつもダメ出ししていた。 でも、私はゆるゆる主婦で 完璧じゃないけど こんなもんでもいいのかな、と最近思う。 少なくとも、今の家庭は 私がいなくなった…

気づきのタイミング

今、自分が持っているものに気づける人 気づけない人。 ささやかな幸せに気づける人 気づけない人。 自分の苦しみに気づける人 気づけない人。 自分の本当の望みに気づける人 気づけない人。 怒りや憎しみを手放せる人 手放せない人。 ずっと苦しみの中にい…

翼をもがれた自分

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私は、自分に力があるなんて思えなかった。 ひとりでは 次にどうすればいいのかわからない。 自分で決められない。 自分で進めない。 自分で飛べない。 私には、翼も力もない。 翼をもがれた自分が悲しい。 ひとりで立ち往生…

自分の依存に気づく

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私は、誰かの話を聞いていて 話の中に、意味がわからなかったり おかしいなと思ったり 違和感を感じる部分があっても スルーして受け入れていた。 自分の「あれ?」を信用してない。 自分の「ん?」という引っかかりや 違和感…

アダルトチルドレンの依存心と我欲

アダルトチルドレンの人は騙されやすい。 人から利用されやすい。 支配されやすい。 何かに依存しやすい。 ハマりやすい。 もちろん、騙し、利用し 支配する方が悪い。 でも、アダルトチルドレンにも その原因がある。 自分に自信がなく、空虚で 自分のこと…

自分では考えない

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私は自分を信頼していない。 私は自分に自信がない。 だから、答えを外側に求める。 自分にわかるわけがない。 自分が正解を導けるわけがない。 私は、答えをすぐに知りたくなって 手っ取り早く正解に辿り着きたくて 外側に求…

つまんない!遊びたい!

私は、たまにイメージの中で 自分の中にいる子ども、インナーチャイルドと お話をします。 ひとりになれる静かな場所で目を瞑り 深呼吸してリラックスして イメージの中で インナーチャイルドに語りかけます。 「○○ちゃん、私のいるこの部屋に 入ってきてく…

しっかり休んで

自分の思い通りにならなくて ウンザリして イライラして 泣きたくなっても しっかり眠って ゆっくり休めば 不思議と「それでもいいか」 という気分になってくる。 きちんと休んでエネルギーが回復すると 冷静な自分に戻れて 高い視点を保てて 感情も落ち着い…

20歳を過ぎたら自分の責任?

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * アダルトチルドレンは 親との関係がうまくいかなくて 生きづらくて、苦しい。 けれど、そのことを 「苦しい。辛い。親が許せない。」と 心の内を明かすと 「20歳過ぎた大人が まだそんなこと言ってるの⁉︎」と 責める人がた…

大きな木のように

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * パン屋さんでバケットを買うとき 私はスライスをお願いする。 パン屋さんはスライスしてくれるが 私は落ち着かない。 なんだかムッとされた気がする… 待っている間、そこにいると邪魔! と思われている気がする… 私は落ち着か…

自分であること

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 頭の中で ただ夢を見ているだけじゃなくて 現実に行動して降ろしてくる。 自分に与えられている課題を克服する。 ひとりの人間として 大人になり自立する。 私が自分の世界を創っていく。 自分で選び、自分で決め 自分で行動…

父も母も、それが精一杯の愛情だった

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私は、母親との関係が悪くて 母親からされたことや 受け入れてもらえなかったことを ずっと握りしめていた。 そのことで、私は苦しい、 自分が好きになれない、と ずっと、そこに居続けていた。 けれど、そういえば…と ふと思…

意識が変わるとき

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 母親に支配されている時 自分が自分の足で歩けるなんて 知らなかった。 自分に力があるなんて 知らなかった。 そうは思えなかった。 本当は、私には 始めから力があった。 自分で自分の人生を 歩いていく力があったのだ。 誰…

空っぽな自分との対話

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私の毎日は モヤモヤ、つまらない、不満、鬱々。 動きたくない、やりたくない、めんどくさい。 私の毎日はどんよりした灰色。 毒親の怒りをぶつけられて育った私は 心が健全に育っていない残念な人。 空っぽな人。 アダルトチ…

人生はおもしろい

人生はおもしろい。 自分は日々精一杯で 悩んだり、落ち込んだり 苦しんだりしているけれど そんな泥沼を泳ぐような毎日でも 小さなことに気づいて 成長している。 自分は少しずつ変化している。 同じことを繰り返して 同じところを ぐるぐる回っているよう…

私は奴隷だ

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私は怒りを抑圧している。 自分の価値がわからない。 自分のことを自分で何も決められない。 自分はできると信じていない。 創造の道を前に進めない。 自分の足で自分の人生を 歩いていくことをためらっている。 私は、前に進…

我慢はやめていく

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私が我慢していることはなんだろう? 私が嫌なことはなんだろう? 私が抑え込んだ感情はなんだろう? 私が飲み込めないことはなんだろう? 私が消化できないことはなんだろう? 私が嫌いなことはなんだろう? 自分がそれを好…

外側からのメッセージ

昨日の記事で 『私はずっと依存していた。 私は、自分のことを自分で決められなかった。 いつも、誰かエライ人や本、ブログなどから メッセージをもらい、それに従っていた。 私の外側から「正しい答え」をもらい それを採用していた。 私は、自立していなか…

私は自立する

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私はずっと依存していた。 私は、自分のことを自分で決められなかった。 いつも、誰かエライ人や本、ブログなどから メッセージをもらい、それに従っていた。 私の外側から「正しい答え」をもらい それを採用していた。 私は…

やってみよう

やりたいことは何? 好きなことは何? そう自分に問うても 何も浮かばない。 何も浮かばないのは 浮かんだそばから 否定して打ち消しているから。 失敗したくない。 やってみて楽しくなかったら ガッカリするから嫌だ。 時間や道具、材料を無駄にしたくない…

第一幕は終わった

昔の日記から。 * 〜 * 〜 * 私が体験した子ども時代。 否定されて 攻撃され続けて 自分の存在に 価値があると思えなかった。 私は無価値で 世界は暗かった。 そんなことがあった。 でも、それは 私の人生の中の 第一幕でしかない。 大人になった今 第一…

答えは自分の心が望むもの

私は、いつも自分を責めて もっとがんばって もっと立派な人になって 自分ではない何者かに なろうとしていた。 人より優れた 特別な人になりたかった。 自分のことを自分で決められず 人生を自分で創っている自覚もなかった。 正しい答えを誰かに教えてもら…

治りませんように

もう何年も前になりますが 「治りませんように べてるの家の今」(斉藤道雄) という本を読みました。 精神障害やアルコール依存などを抱える人々が 北海道浦河で営む共同住居と作業所 「べてるの家」。 ここに自ら身を置いたジャーナリストによる ドキュメ…